分散型SCM「Mercurial 0.9.5」

原井彰弘 2007年10月22日 20時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 19日、Mercurialプロジェクトは分散型SCM(Source Control Management)システム「Mercurial」の新しいバージョン「Mercurial 0.9.5」をリリースした。

 Mercurialは、高速かつ軽量のSCM。CVSやSubversionのような集中型リポジトリではなく、各開発者それぞれがリポジトリを保有し、それらの同期を行うことによってリポジトリを最新の状態に保つ「分散型」という仕組みを用いている。そのため、ネットワークに接続できない状態でもリポジトリを操作する作業を行うことが可能になる。

 今回のリリースでは、シンボリックリンクに関する機能が向上し、シンボリックリンクをサポートしていないシステムでもシンボリックリンクを扱えるようになった。また、大きなディレクトリやファイルを扱う際のパフォーマンスが向上した。それ以外に、多数のバグが修正されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!