Linuxディストリビューション「Ubuntu 7.10」の日本語ローカライズ版リリース

原井彰弘 2007年10月23日 18時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ubuntu Japanese TeamはLinuxディストリビューション「Ubuntu 7.10」の日本語ローカライズ版をリリースした。

 今回のリリースは、Ubuntu Teamが18日に「Ubuntu 7.10」をリリースしたことを受けたもの。Ubuntuは、主にデスクトップ用途をターゲットとしたオープンソースのLinuxディストリビューション。簡単なインストール作業ですぐに使い始めることができ、ソフトウェアのアップデートも容易に行えることを特徴としている。

 Ubuntu 7.10では、新たにデスクトップ環境としてGNOME 2.20を採用し、Compiz Fusionによるリッチな3Dデスクトップ環境を標準で提供している。また、LinuxによるGUI環境の構築には欠かせないものの、設定変更にはコンソールでの操作が必要不可欠だったX Window Systemのために、新たにフルGUIの設定ツールを追加している。これにより、X Windowを起動したままで画面解像度やマルチディスプレイの設定を行えるようになった。それ以外にも、デスクトップ検索やWindowsのNTFSの読み書きなど、さまざまな新機能が追加されている。

 なお、日本語ローカライズ版では、文字コードやフォント、日本語入力などに関する対応が独自に行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!