VS 2005のアドインとして動作するRuby IDE「Ruby In Steel 1.1.5」リリース

原井彰弘 2007年10月23日 19時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SapphireSteel Softwareは10月22日、Visual Studio(VS) 2005のアドインとして動作するRubyのIDE「Ruby In Steel」の新バージョン「Ruby In Steel 1.1.5」をリリースした。

 Ruby In Steelは、VS 2005のアドインとして動作するRubyおよびRuby on RailsのIDE(統合開発環境)。構文強調機能、テンプレート機能といったエディタとしての基本的な機能に加え、コード分析に基づくコード補完機能やデバッグ機能など、高度な機能も搭載されている。

 今回リリースされたバージョンは一見マイナーリリースのようであるが、実はバージョン1.0が公開されてから最も変更の多いリリースであるという。Ruby on Railsのコード補完機能が大幅に強化されたほか、高速なCylonデバッガを用いてRubyやeRubyのコードをデバッグできるようになった。

 Ruby In Steelの価格は現在199ドル。ただし、バージョン1.2のリリースと同時に249ドルになる予定だという。また、コード補完機能など一部の機能を省いたPersonal Editionがフリーで公開されている。

 なお、このリリースと同時に次期バージョンのVS 2008に対応したベータ版もリリースされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?