カーネルで不正なオペランドによる例外発生を示す

OSSメッセージペディア 2007年10月24日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

trap_type: error_code

対処

恐らくCPUが新種であるため、現在のカーネルが対応出来ていない可能性がある。また、何らかの原因で.textが値が不正になった時にもCPUが不正なオペランドを読みこむ可能性がある。このメッセージの前後にCPUレジスタのダンプ情報が出力される。対処はカーネルをダンプして当時のメモリ情報を調べる。カーネルのバグの可能性が高い。

説明

カーネルで不正なオペランドによる例外が発生した。例えば、例外が発生した時の命令ポインタ(eip)の内容が0000。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!