オラクル、今度はオペレーションプランニングソフトの開発メーカーを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年10月25日 11時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsからの回答を待たされる間も、Oracleは買い物の手を休めない。

 Oracleは米国時間10月24日、オペレーションプランニングソフトウェアを開発するInterlace Systemsを買収すると発表した。狙いはOracleのEnterprise Performance Management Systemに、さまざまな部門の計画を再評価し、予測を変更したり、業績への影響を評価する機能をもった、Interlaceのソフトウェアを統合すること。

 買収交渉が前進しないBEAの案件とは対照的に、本買収は11月に完了する予定。

 Oracleは米国時間10月23日、BEAに対し、回答期限を設けたことを明らかにした。BEAが10月28日夜までに、1株当たり17ドルというOracleの提示額で交渉のテーブルに着く意思を示さなければ、Oracleは提案を取り下げる予定だ。

 OracleはInterlaceの買収金額を明らかにしていない。一方のBEAについて同社は、総額67億ドルで買収しようとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR