ルートネームサーバのIPアドレス変更:DNS管理者は要注意

大野晋一(編集部) 2007年10月25日 13時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本レジストリサービス(JPRS)は25日、ICANNによるルートネームサーバのIPアドレス変更を発表した。L.root-servers.net のIPアドレスが2007年11月1日に変更される。DNSサーバーの管理者は変更に注意されたい。

 L.root-servers.netの新しいIPアドレスは199.7.83.42となる。新しいIPアドレスは11月1日より正式運用となるものの、既に利用可能だ。ICANNでは現在サービスが提供されている198.32.64.12についても今後6カ月以上参照可能としているが、いずれは終了、参照不可能となる。

 11月1日以降、以下のルートヒントファイルで新しいアドレスの情報が入手可能となる。管理者はDNSキャッシュサーバのルートヒントファイルの更新などを行いたい。

  • ftp://rs.internic.net/domain/db.cache
  • ftp://rs.internic.net/domain/named.cache
  • ftp://rs.internic.net/domain/named.root
  • ftp://ftp.internic.net/domain/db.cache
  • ftp://ftp.internic.net/domain/named.cache
  • ftp://ftp.internic.net/domain/named.root
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから