Netscape 9.xに複数の脆弱性--Firefoxと同一

荒浪一城 2007年10月25日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Secuniaは10月23日(デンマーク時間)、Netscape 9.xに複数の脆弱性が発見されたと公表した。影響度は、5段階中上から2番目の「Highly critical」に位置づけられている。

 この脆弱性は、Mozilla Firefox 2.0.0.8で修正されたものと同一。以下のものが、Netscape Navigatorの修正に含まれている。

  • MFSA 2007-36 不正に%エンコードされたURIがWindowsによって誤って処理される
  • MFSA 2007-35 Scriptオブジェクトを通じたXPCNativeWraper汚染
  • MFSA 2007-34 SFTPプロトコルを通じた潜在的なファイル漏えい
  • MFSA 2007-33 XULページによるウィンドウタイトルバーの隠ぺい
  • MFSA 2007-32 ファイル入力フォーカスの横取り
  • MFSA 2007-31 ダイジェスト認証リクエストの分割
  • MFSA 2007-30 onUnloadイベントハンドラの「共連れ」
  • MFSA 2007-29 メモリ破壊の形跡があるクラッシュ(rv:1.8.1.8)

 影響を受けるバージョンは、Netscape 9.x。解決策はNetscape 9.0.0.1へのアップデートとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!