JBoss、バグフィクスを施した「JBoss Seam 2.0.0.CR3」をリリース

荒浪一城 2007年10月26日 15時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JBossは10月25日、「JBoss Seam 2.0.0.CR3」をリリースした。ライセンスは、GNU Lesser General Public License (LGPL)。

 バージョン2.0.0.CR3では、26のバグ修正と11の機能改善がなされており、バグフィクスリリースという位置づけとなる。Norman Richards氏は、ブログ「In Relation To...」において、JBossToolsとJBoss Seam 2が一緒に動作するように、急ピッチで開発とテストを行っていると述べている。

 詳細な変更点に関しては、チェンジログを参照していただきたい。

 JBoss Seamは、これをベースにJSR-299(WebBeans)の標準化も進められている。10月23日には、Early Draft Reviewが公開されている。スペックリードは、O/Rマッピングフレームワーク「Hibernate」の生みの親でもあるGavin King氏。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから