LeopardでSafariStandが動かないとお悩みの方に

大野晋一(編集部) 2007年10月26日 20時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mac OS XでブラウザSafariを使うとき、非常に便利なのがSafariStandと呼ばれるツールだ。LeopardではAppleのとった変更によりこれが動かなくなるといわれていた。しかし、SIMBLのバージョンアップPimpKitPlugSuitと呼ばれるツールによりSafariStandがLeopardでも使えるかもしれない。

 SafariStandの開発者はウェブサイトで

SafariStand はまだ Leopard に対応していません。PlugSuit や PimpKit を使用すれば、ロードすることはできますが、ちゃんと動作するかどうかは分かりません。あと、SIMBL の最新版(0.8.2)は Leopard で使えるらしいです。
としている。

 編集部では確かにロードできることを確認、すべての機能を精査してはいないが「_blankターゲットのリンクを新規タブで開く」や「Sidebar」といった主な機能が利用可能であることを確認した。

 保証こそされていないが、SafariStandがないとどうにも不便、という向きは試してみる価値があると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?