mount設定による影響

OKWave 2007年10月29日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mount設定による影響

一般的な話となりますが、バッチ処理にて、
mountの設定、mountの解除 を行う事により
バッチ処理の不安定感、危険度は増す物でしょうか?

良回答

 適切なタイミングでマウントされるなら・・・問題ないですが、マウントするバッチが色々なタイミングで動作するなら危険です。

 一般論では問題ないはずです!

回答

(1) バッチ処理から mount を行う
(2) 何らかの理由で別のプロセスがマウントされたディレクトリにアクセスする
(3) バッチ処理が umount を行う

この時、(2) のプロセスがマウントされたディレクトリ内で処理を継続していると (3) の umount が失敗することになります。つまり実装によってはバッチ処理が異常終了となり、マウントが解除されないままになってしまうでしょう。

強制的に umount させることもできるかもしれませんが、ファイルシステム破損のリスクを伴います。

ただ、NFS mount でもない限りそれほど大きなリスクにはならないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!