Excelをどんどん使うべき理由(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2007年10月29日 15時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelで“仮説力”を鍛えよう

 前回、Excel の悪口を言う人は許さん、と書きましたところ、各方面の Excel 好きから賛同のお言葉をいただきましたので、もう 1つ、Excel の使い方について話を深めてみます。

 Excel は広大なメモリー空間、人間の思考に近い使い方ができる、とこれも前回のとおりですが、人間とコンピューターをつなぐものであるからこそ、使う人間に、よりロジカルな発想をもたらすのも Excel の重要な役割です。とりあえず、どこからかデータを持ってきて表にしてみる、グラフにしてみる。とりあえず、もう一つ別な表を並べて目で見比べてみる、ちょっと関数で加工してみる。すると、あ、ひょっとしてこれって関係あるのかな、ぐらいの、ざっくりとした関連性が見えてくる。つまり 「仮説を見つけ出す」 という行為が、すごくあいまいな情報だけでもなんとなく成立してしまうのが Excel のもたらす世界なのです。

(全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR