NTT西日本、ATM回線を10Mbpsに高速化

松田真理(マイカ) 2007年10月29日 21時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本は11月1日より、2000年10月から開始したATM(Asynchronous Transfer Mode)回線サービス「メガデータネッツ」において、通信保証速度を最大10Mbpsまで高速化できる新たなメニューを開始する。

 メガデータネッツとは、同一府県内においてATM技術を活用したネットワークを構築できるブロードバンドサービス。ATM技術を用いることにより、ビジネスユーザーがネットワークに求める高品質、高信頼性、高セキュリティを実現する。このため、企業のデータ通信などで利用されている。

 同社ではこれまで、64kbpsから2Mbpsの通信速度を保証するメニューを提供していたが、今回新たに3Mbpsから10Mbpsまで、1Mbps単位ごとに保証するメニューを追加する。月額通信料は、3Mbpsが9万9435円、4Mbpsが12万9255円、5Mbpsが15万4560円、6Mbpsが18万4485円、7Mbpsが19万8240円、8Mbpsが21万1995円、9Mbpsが22万8060、10Mbpsが23万9610円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?