Javaの日時関連クラスの代替ライブラリ「Joda-Time 1.5」リリース

原井彰弘 2007年10月31日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Joda-Timeプロジェクトは10月29日、Javaの日時関連クラスの代替となるライブラリ「Joda-Time」の新バージョン「Joda-Time 1.5」をリリースした。

 Joda-Timeは、Javaの日付や時刻を扱うクラスの代替となるライブラリ。JavaのDateクラスやCalendarクラスはさまざまな設計上の問題を抱えており、パフォーマンスにも問題がある。Joda-Timeはそれらの問題点を解決するために開発されたという。

 Joda-Timeはシンプルな設計を保ちつつも、多数の暦や、タイムゾーン、期間の表現、書式出力、文字列のパースといった機能をサポートしている。また、機能の拡張も簡単に行えるという。

 今回リリースされた新バージョンでは、午前0時が存在しないタイムゾーンを正しく扱えるようになったほか、期間に関するクラスにも多数の新しいメソッドが追加され、他の表現への変換が行いやすくなった。また、夏時間や冬時間の判別も簡単になった。

 なお、今回のリリースとは別にJoda-TimeをJDKに含めようとする動きがあり、JSR-310(Java Specification Request 310)として議論されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから