Web開発者は必見!IDE「Aptana Studio1.0」リリース

荒浪一城 2007年10月30日 21時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Aptanaは10月30日、統合開発環境(IDE)「Aptana Studio 1.0」をリリースした。従来「Aptana IDE」としてリリースされていたものの名称を変更し、オープンソースの無償版であるCommunity Editionと、有償版のProfessional Editionと、2つのエディションで再登場した。

 Community Editionではコアとなる機能や特徴が全て提供されるという。また、有償版のProfessional Editionでは、Community Editionの機能に加え、優先的なサポートと最新のナイトリービルドへのアクセス権が与えられ、RadRails、PHP、Adobe AIR、iPhoneへのサポートが含まれるという。

 Community Editionで提供される機能は下記のとおり。

  • CSSプレビュー
  • HTML、CSS、およびJavaScriptフォーマット
  • コードのドラッグアンドドロップ
  • Visual ScriptDoc Explorer
  • UIの改良

 Professionalの付加的特徴は下記のとおり。

  • JSONエディタ
  • Internet Explorerデバッグ
  • リモートプロジェクトの作成
  • FTPSとSFTPサポート
  • レポーティングエンジン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!