コンポーネントベースのフレームワーク「Apache Cocoon 2.2-RC2」リリース

原井彰弘 2007年10月31日 17時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Apache Cocoonプロジェクトは10月29日、コンポーネントベースのウェブアプリケーションフレームワーク「Apache Cocoon」(Cocoon)の新バージョン「Apache Cocoon 2.2-RC2」をリリースした。

 CocoonはSpring Frameworkをベースとしたフレームワーク。「関心事の分離」と「コンポーネントベースの開発」というコンセプトを元に作られており、特定の機能に特化したコンポーネントをパイプラインで接続するという手法を用いて、レゴブロックを組み立てるようなアプローチでウェブアプリケーションを開発することを可能としている。

 今回リリースされたのはCocoon 2.2のリリース候補版。Cocoon 2.2では、新たに「ブロック」という概念が導入され、コアのモジュール以外は全てブロックとして提供されるようになる。また、Cocoonを利用したアプリケーションもブロックとして開発されることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから