「Open Quark Framework for Java 1.7.0」リリース

原井彰弘 2007年11月01日 12時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Open Quarkプロジェクトは10月26日、JVM向け遅延関数型プログラミング言語およびランタイム「Open Quark Framework for Java」(Open Quark)の新バージョン「Open Quark Framework for Java 1.7.0」をリリースした

 Open Quarkは、プログラミング言語「CAL」、CALからJavaバイトコードへのコンパイラ、およびいくつかの補助ツールからなる。

 CALはプログラミング言語「Haskell」に似た遅延評価型の関数型言語。遅延評価では、値が実際に必要になるまで処理が行われないため、不必要な処理の実行が自動的に省かれるといった利点がある。

 また、Open QuarkではJavaとCALの相互呼び出しや、CAL内でのJavaの型の利用も可能なため、Java言語で書かれたプログラムとの統合も容易であるとしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、複数のライブラリが追加、改善され、XMLや並行処理関連の機能が充実した。また、付属のEclipseプラグインのリファクタリング機能も向上した。そのほかにも、多数の改良が加えられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!