弥生、内部統制支援機能などを盛り込んだ「弥生 08」シリーズを12月7日に一斉発売--売上100億を目指す

柴田克己(編集部) 2007年11月01日 18時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 弥生は、10月31日、同社業務パッケージソフトの最新版となる「弥生 08」シリーズの全ラインアップ(会計・販売・人事給与/給与・顧客)を12月7日に発売すると発表した。

 「弥生 08」シリーズでは、これまでユーザーからの要望が多かったという「内部統制」環境の構築を支援する承認機能、ログや履歴の確認機能が各製品に追加されたほか、従来バージョン以上の使い勝手の向上、外部システムとの連携向上などが施されたリリースとなる。

弥生08一覧 12月7日一斉発売される「弥生 08」シリーズのラインアップ。

 弥生、執行役員プロダクトマーケティング担当の竹之内学氏は、今回のバージョンに搭載される内部統制支援機能により、「上場会社の連結子会社、上場予備軍だけでなく、統制環境の構築に前向きな事業所での活用も想定し、いずれも弥生のターゲットユーザーとして想定している」と説明する。具体的な機能としては、アクセス権限設定、アクセスログ、伝票・仕訳の承認、仕訳の変更履歴記録といったものを追加。「業務ソフトの立場から“会計データの正確性”を確保することを重視し、統制環境の構築に有効で便利な機能を搭載した」(竹之内氏)とする。

 そのほか、外部システムとの連携による使い勝手の向上を目指したものとしては、オンラインバンキングとのデータ連携機能「MoneyLook for 弥生」が全エディションに搭載される。「Money Look for 弥生」は、各オンラインバンクの取引明細情報を弥生会計の仕訳データとして一括で取り込むことができる機能だ。これにより、従来は手作業で行っていた銀行明細入力作業を軽減できる。対応オンラインバンクは、三菱東京UFJ、三井住友、みずほをはじめとする42行という。

 また、弥生顧客では、ジャストシステムの「ラベルマイティ」と連携し、ラベルマイティのカード印刷機能を利用して、顧客サービスの一環としてのポイントカードなどの作成が可能になっている。

 さらに、同社が12月10日より開始するASPサービス「弥生ワークス」と、「弥生 08」シリーズとの連携についても触れられた。「弥生ワークス」は、同社がASPとして提供するSFAアプリケーション。スタート当初は、「弥生販売」との連携が図られており、営業担当者などのフロントオフィススタッフが、メッセージ、予定表、タスク管理といった機能を通じて、情報共有を図れるサービスになっている。当初の連携機能は「販売」との得意先情報、販売実績情報の同期からスタートするが、将来、段階的に「会計」と連携した経費精算、「人事/給与」と連携した勤怠管理、休暇申請、そして、弥生シリーズ以外のシステムへと連携の幅を広げていく構想だ。

 「これまで、弥生は会社のバックオフィスユーザー向けの製品を提供し、支持を集めてきた。弥生ワークスと、各弥生アプリケーションとの連携により、企業内のすべてのメンバーに利用される“ワークウェア”として弥生ブランドを進化させていく」(竹之内氏)

2008年度は「売上100億円超を目指す」

 発表会は、2007年6月に、以前の六本木ヒルズから移転した、神田の本社会議室で行われた。

 弥生、代表取締役社長の飼沼健氏は、2007年度の弥生の売上実績について報告。それによると、同社の2007年度の売上は、93億7800万円、本数シェアで39%と、前年度の42%より3ポイント低下したという。

 この原因について飼沼氏は、この年度において「弥生 07」シリーズの全製品が一斉リリースできず、市場において前年度のバージョンとの混在があったことが原因と分析。最新版の一斉リリースが可能となった今年度においては、「売上高100億円超を目指す」とした。

 また、弥生では9月28日に、これまで同社の株主であったライブドアホールディングスから、カーライルグループ出身者によるアジアを中心に活動する投資会社「MBKパートナーズ」への株式譲渡が行われている。発表会には、新株主となったMBKパートナーズの日本代表である静永賢介氏も出席した。

 「弥生に対する投資は、MBKパートナーズにとって、日本における初めての投資案件。投資の理由としては、弥生の高いブランド力、高いマーケットシェア、小規模事業者にとっては社会インフラといってもよいステータスを持つなど、様々な面がある。弥生のソフト会社にとどまらないポテンシャルに期待をしている」(静永氏)とし、今後の弥生の発展に対する期待を述べた。

飼沼氏、静永氏 弥生、代表取締役の飼沼健氏(左)と、新たに同社の株主となったMBKパートナーズの日本代表である静永賢介氏(右)。

 12月7日に発売される「弥生 08」シリーズ各製品の価格については、下表を参照のこと。

「弥生 08」シリーズスタンドアロン製品(一部LAN対応製品を含む)の希望小売価格
製品名 価格
弥生会計 08 プロフェッショナル
8万4000円
弥生会計 08 スタンダード
4万2000円
やよいの青色申告 08
1万2600円
弥生販売 08 プロフェッショナル 5ユーザー
26万2500円
弥生販売 08 プロフェッショナル 2ユーザー
12万6000円
弥生販売 08 プロフェッショナル
8万4000円
弥生販売 08 スタンダード
4万2000円
弥生給与 08
8万4000円
やよいの給与計算 08
2万6250円
弥生顧客 08
4万2000円
弥生会計 08 プロバリューパック(販売)
12万6000円
(弥生会計 08 プロフェッショナル + 弥生販売08 プロフェッショナル)
弥生会計 08 スタンダードバリューパック(販売)
9万4500円
(弥生会計 08 スタンダード + 弥生販売08 プロフェッショナル)
弥生会計 08プロバリューパック(給与)
12万6000円
(弥生会計 08 プロフェッショナル + 弥生給与08)
弥生会計 08 スタンダードバリューパック(給与)
9万4500円
(弥生会計 08 スタンダード + 弥生給与08)

「弥生 08」シリーズネットワーク製品の希望小売価格
製品名 価格
for SQL with SQL
弥生会計 08 ネットワーク 2ライセンス
37万8000円
弥生会計 08 ネットワーク 3ライセンス
50万4000円
65万1000円
弥生会計 08 ネットワーク 5ライセンス
71万4000円
90万3000円
弥生会計 08 ネットワーク 10ライセンス
92万4000円
121万8000円
弥生会計 08 ネットワーク 15ライセンス
113万4000円
153万3000円
弥生会計 08 ネットワーク 20ライセンス
123万9000円
174万3000円
弥生販売 08 ネットワーク 5ライセンス
84万円
99万7500円
弥生販売 08 ネットワーク 8ライセンス
105万円
126万円
弥生販売 08 ネットワーク 10ライセンス
126万円
147万円
弥生販売 08 ネットワーク 15ライセンス
157万5000円
183万7500円
弥生販売 08 ネットワーク 20ライセンス
210万円
241万5000円
弥生人事給与 08
31万5000円
弥生人事給与 08 ネットワーク 2ライセンス
52万5000円
弥生人事給与 08 ネットワーク 3ライセンス
84万円
98万7000円
弥生人事給与 08 ネットワーク 5ライセンス
105万円
120万7500円
弥生人事給与 08 ネットワーク 10ライセンス
147万円
168万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR