「頭脳流出」が続くレッドハットは大丈夫?(ZDNet Japanブログより)

Dana Blankenhorn 2007年11月01日 18時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatのオンライン責任者だったPete Childers氏は、Zmandaの最高経営責任者(CEO)に就任してからわずか2か月で職を辞した。

 2007年5月にZmandaに入社し、同7月に退社したChilders氏は現在、Delphi Communicationsが所有するカリフォルニア州パロアルトのソフトウェアコンサルティングおよび戦略会社Claritive Consultingで、CEOを務めている。カリフォルニア州サニーベールに拠点を置くオープンソースストレージ企業Zmandaの現CEOは、同社の創立者であるChander Kant氏だ。

 識者らはそうした去就より、Red Hatにおいて頭脳流出が続いている事態に興味を抱いている。5月にZmandaへ移籍する前、Childers氏は4年間在籍していたRed Hatで、グローバルラーニングサービス担当副社長やオンラインストラテジーおよびオペレーション担当副社長など、複数の重役職を担っていた。

全文はこちら--「ZDNet.com オープンソースブログ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR