マイクロソフト、新たなLiveサービス「Windows Liveカレンダー」のベータ版を公開へ

柴田克己(編集部) 2007年11月06日 07時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、同社が展開するソフトウェアとインターネットの連携サービス「Windows Live」の新サービス「Windows LiveカレンダーBeta」を近日中に公開する(編集部注:当初11月6日に全世界同時公開を予定していたがスケジュールが変更された)。

 インターネット上での公開や共有が可能なスケジュール管理サービスであり、複数カレンダーの一括管理、タイムゾーンの設定といった機能を持つ。サービスの利用にはWindows Live ID(Hotmailアカウント)が必要となる。Live IDを持っていないユーザーに対しては閲覧設定のみでのスケジュール公開が可能。

 Liveサービスならではの特長としては、「Windows Liveイベント」のイベント情報との連携、Microsoft Office Outlook会議依頼との連携、および「Outlook Connector」と呼ばれるアドインを利用することで、ユーザーがデスクトップで利用しているOutlookの予定表と「Liveカレンダー」とのスケジュール同期が可能になる点。Outlook Connectorによる同期機能を利用するためには、Windows Live Hotmail Plusへの加入が必要となる。基本的には、これまで提供されていた「msnカレンダー」のバージョンアップ版という位置づけだ。

 正式サービスの開始時期については未定という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?