IBM、セキュリティ事業の拡充で2008年に15億ドルを投入へ

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年11月02日 13時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間11月1日、企業ネットワークを保護することを目的とした新製品とサービスの詳細を発表した。この中で、同社は2008年にセキュリティ製品の開発およびマーケティングに15億ドルを費やすことを明らかにした。

 IBMは、テクノロジと、リスクの軽減に主眼を置いたコンサルティングサービスを組み合わせて提供する。

 今回の発表は、セキュリティサービス企業ISSを2006年に13億ドルで買収したことで獲得した製品が中心となっている。IBMは、貴重なデータの損失を防ぐデータ検査ソフトウェアと関連するサービスを追加した。

 同社はまた、企業ネットワークのセキュリティ違反を追跡、報告、調査する拡張データセキュリティソフトウェアを発表した。

 IBMの調査部門では、技術幹部がリスクやビジネスプロセスへの影響を評価できるリスク管理ツールを開発した。

 IBMはこれまでにも、Linuxを始めとする、同社が有望だと考える中規模のビジネスイニシアティブ向け製品市場やパートナープログラムに10億ドルを投資することを発表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!