高速なPythonデバッガ「Winpdb 1.3.0」リリース

原井彰弘 2007年11月02日 19時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Winpdbプロジェクトは11月1日、Pythonデバッガ「Winpdb」の新バージョン「Winpdb 1.3.0」をリリースした

 Winpdbはプラットフォーム非依存のPythonデバッガ。マルチスレッドや名前空間の修正、埋め込みデバッグ、暗号化通信機能などをサポートしており、標準のデバッガpdbよりも最大20倍高速だという。CPython 2.3、2.4、2.5に対応しており、実行にはwxPython 2.6以上が必要となる。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにUnicodeに対応したほか、Python 3.0との互換性も保証された。また、シグナルや環境変数へのサポートを強化。それ以外にもパフォーマンスの改善や、多数のバグ修正を実施したとされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!