Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その31:パーティクル5

大槻透世二(サイバーアドベンチャー) 2007年11月08日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

翌日、俺はケリーとの約束の時間にずいぶんと早く、その場所にログインしていた。
海岸線に沈む夕陽は昨日と同じで、波音が優しく俺の身体に染み入ってくる。
「待った?」
そういって、ケリーは俺に駆け寄る。
昨日とは違う、清楚なワンピースまとい、長い髪を緩やかに結っていた。
ケリーはまるで俺とのデートを楽しみにしていたかの様に、また違う彼女一面を俺に見せてくれた。
仮想世界の女性が、こんなにも華やかに変わることが出来るとは、リアルの世界の女性にも引けを取らない。

俺とケリーは海岸線を昨日と同じ様に歩いた。
そして俺はケリーの更に意外な一面を知る事になる。

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

前回の復習

 前回までで「パーティクル(粒子)」の基礎編、初級、中級編が終了した。パーティクルは汎用性が高く、遊び心満載だ。そのため、これまでの説明だけでは、まだ足りない部分もある。しかし、これでやっと、第20回のバイクで実際に使われているスクリプトの説明へと突入だ。

 これまで、パーティクルの全機能を図入りで解説してきたが、スクリプトをさらに使いやすくする方法がある。今回は、それらについてステップを踏んで見ていこう。

パーティクル〜上級:バイク内蔵パーティクル〜

 まず、今回のスクリプトのソースコード全体を見てみよう。

バイク内蔵パーティクルスクリプト ※クリックするとコード全体が見られます

 少し長いなぁ、と感じた人が多いのではないだろうか。しかし、このソースコードは、次項で紹介するソースコードと実は同じなのだ。次項のソースコードは、内容を最もシンプルにしている。

1. シンプル版

 前項で紹介したソースコードを最もシンプルにすると、次のようになる(「llParticleSystem( )」と「PSYS_PART_FLAGS」の組み込み定数については、第27回第30回で復習してほしい)。

シンプル版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?