マカフィー、セキュリティと法令順守の一元管理ツール「ePO」新版発売

吉澤亨史 2007年11月06日 22時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは11月6日、企業で使用されている複数ベンダーのセキュリティと法令順守(コンプライアンス)製品の一括管理を実現する管理ツールの最新版として「ePolicy Orchestrator 4.0(ePO)」を発表、11月12日から発売する。

 ePO 4.0は、企業のすべてのクライアントPCとサーバを含む、ネットワークセキュリティ、データセキュリティ、エンドポイントセキュリティの管理を統合した、業界初のコンソールになるという。現実、仮想の両システムと連係でき、高いスケーラビリティを実現している。強力なレポーティング機能、監査機能、カスタマイズ可能なウェブベースのコンソールも搭載した。

 セキュリティとコンプライアンスを統合することで、ePOの導入でセキュリティ業務コストを62%削減でき、ePOの導入企業は、導入しない企業と比較して、管理者を44%減らすことができたという。また、ネットワーク管理の時間も37%短縮。新版では、ユーザーインターフェースの向上や管理対象製品の拡充、Microsoft Active Directoryとの同期、レポートの自動化、管理者ごとのアクセス権設定などの機能が追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?