アップル、「QuickTime 7.3」でセキュリティ脆弱性7件を修正

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年11月07日 11時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間11月5日、QuickTimeのセキュリティアップデート「QuickTime 7.3」をリリースした。同アップデートでは、QuickTime 7.2以前のバージョンに存在したセキュリティ脆弱性7件が修正されている。修正された問題のなかには、悪質な画像ファイルや動画ファイルをもつサイトにユーザーを誘導することにつながる、深刻な脆弱性も含まれる。公開されたセキュリティアップデートはMac OS XとWindowsを対象にしている。Appleは1カ月前に、Windows用QuickTimeに含まれていた別の深刻な脆弱性を修正していた。最新のセキュリティアップデートは、ソフトウェアのアップデート機能またはAppleダウンロードサイトより入手できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!