「グーグルの携帯プラットフォーム発表」とかけて「パリス・ヒルトン」と解く。その心は?(ZDNet Japanブログより)

Dana Blankenhorn 2007年11月07日 21時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 結果的に、電話ではなかった。1枚の仕様書とある提携が姿を現しただけ――。

 こちらを煽るだけ煽って大騒ぎした挙げ句、Googleが発表したのは、Open Hardware Alliance(OHA)と呼ばれるアライアンスだった。同組織は、Googleが先に買収したAndroidの技術に基づく独自仕様をサポートする、34社の企業から成り立っている。

 そう、結局のところ、残念ながら「GPhone」は登場しなかったのだ。

 OHAにはT-MobileやSprintが会員として名を連ねているが、これは具体的には何を意味するのだろうか? 実は、たいした意味はない。彼らは、世界のモバイルネットワークにオープンスタンダードをもたらし、ユーザーに利用するアプリケーションの選択権を与え、排他的な環境を打破するつもりなのだろうか? いや、そんなつもりはさらさらない。

 つまりこれは、製品アナウンス版のパリス・ヒルトンみたいなものなのだ。

全文はこちら--「ZDNet.com オープンソースブログ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから