device-mapper: dm-multipath version 1.0.4 loaded

OSSメッセージペディア 2007年11月08日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

dm-multipath version major.minor.patchlevel loaded

対処

通知情報のため、対処の必要なし。

説明

カーネルにロードされたdm-multipathのバージョンを表示する。

また、dm-multipathモジュールのロード及び初期化が成功したことを意味する。

device-mapperは論理/物理デバイス間のマッピング機構である。論理ボリューム管理ユーティリティ(LVM2や dmraidなど)で必要となる基本部分、ライブラリを提供し、ユーザ空間のコマンド(dmsetup)及びライブラリ(libdevmapper)が含まれている。

multipath I/OはサーバのI/Oデバイスと外付けのストレージ間に2本以上の経路からなる耐故障構成(fault tolerance)の場合を指し、SAN(Storage Aea Network)上に欠かせないソリューションである。Linuxでは、multipath I/Oを構成するには、dm-multipath及びmultipath-toolsが必要である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?