Jakarta、HTTP通信用ライブラリ「HttpClient 4.0-alpha2」リリース

原井彰弘 2007年11月08日 15時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Jakarta Projectは11月7日、HTTP通信用ライブラリ「HttpComponents HttpClient」の新バージョン「HttpComponents HttpClient 4.0-alpha2」をリリースした

 HttpComponentsは、HTTP関連の共通処理を行うコンポーネント。HTTPを直接扱うウェブブラウザや、HTTPプロキシなどのソフトウェアを開発する際に役立つとしている。HTTP通信のうちクライアントサイドの機能を提供するHttpComponents HttpClientでは、GETやPOSTなどのHTTPの全てのメソッドをオブジェクト指向のフレームワークとして実装しているほか、HTTPSやCookie関連の機能も提供している。

 今回リリースされた新バージョンでは、alpha1と比較してコネクションプーリングの機能が改善されたほか、プロキシチェインがサポートされた。また、HTTPステートや認証管理関連のAPIが再設計された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!