多数のバグを改善:JavaScriptフレームワーク「Prototype 1.6.0」リリース

原井彰弘 2007年11月08日 15時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Prototypeプロジェクトは11月7日、JavaScriptフレームワーク「Prototype」の新バージョン「Prototype 1.6.0」をリリースした

 Prototypeは、Ajaxアプリケーションの開発を支援するJavaScriptフレームワーク。Prototypeを用いることで、非同期のリクエストやDOMに関わる典型的な操作を簡潔に記述することが可能となる。また、JavaScriptでのオブジェクト指向プログラミングや、関数型プログラミングを支援する機能も用意されている。

 今回リリースされた新バージョンでは、JSONへの対応が強化されたほか、クラスを定義する際のAPIが変更され、より直感的かつ柔軟に記述できるようになった。そのほかにも、DOMやJavaScriptの関数を操作するAPIが新たに多数追加されている。また、今まで実装上の問題があったHashクラスについては完全に書き直され、より安全に利用できるようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR