Groovyに対応:ウェブフレームワーク「JBoss Seam 2.0.0」リリース

原井彰弘 2007年11月08日 16時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JBossは11月5日、ウェブアプリケーションフレームワーク「JBoss Seam」の新バージョン「JBoss Seam 2.0.0」をリリースした

 JBoss SeamはAjaxやJSF、EJB3、Java Portlets、BPM(Business Process Management)などの技術を統合したアプリケーションフレームワーク。アーキテクチャやAPIの複雑さを取り除くように設計されており、XMLをほとんど記述することなく、アノテーションが付加されたPOJO(Plain Old Java Object)と、コンポーネント化されたUIウィジェットのみで、複雑なウェブアプリケーションを開発することが可能だとしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、ウェブサービスへの対応が強化され、Seamのコンポーネントやサービスを利用した開発が行えるようになった。また、GroovyでSeamのコンポーネントを記述することも可能になった。そのほかにも、ホットデプロイへの対応や、Eclipseとの統合、JSF 1.2への対応などがなされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!