「Firefox 3 Beta 1」をめぐって一騒動

原井彰弘 2007年11月09日 14時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近々リリースが予定されている、ウェブブラウザ「Firefox」の新バージョン「Firefox 3 Beta 1」だが、このリリースに関してちょっとした混乱が起こった。

 11月7日の午前4時(太平洋標準時)頃、Firefox 3 Beta 1の1つ前のバージョン「Beta 1の最終リリース候補版」が、パブリックFTPに非公式で公開された。しかし、これがソーシャルニュースサイト大手のDiggで「Firefox 3 Beta 1がリリースされた」と取り上げられた

 これを受けてFirefox開発元のMozilla Foundationは、急きょリンク先ページを他のページへリダイレクトし、利用者が誤ってリリース前のFirefoxをダウンロードすることのないよう対策を取った。その上で、リダイレクト先のページにて「正式リリース前のビルドは十分にテストされておらず、利用するのは危険だ」と訴えている。また、Mozilla Developer Newsにおいても、今回の誤解に関するエントリが掲載されている

 Firefox 3ではページ全体のズーム機能が搭載されるほか、ページの描画性能やユーザインタフェース、動作速度が大きく改善される予定であり、注目を集めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから