檻に入る前に脱獄か:iPhoneアップデートも既にJailBreaking--米誌報道

冨田秀継(編集部) 2007年11月09日 20時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが9日、iPhoneのファームウェアをアップデートした模様だ。同社に関する情報を伝えるtuaw.com(The Unofficial Apple Weblog)が伝えている。同誌によると、新ファームウェアはiPod touchにも適用されるのではないかという。新たなファームウェアが登場するとなると、バージョンは「1.1.2」となる。

 今回のアップデートでは、iPhoneとiPod touchに存在するTIFFの脆弱性が修正されるとみられている。デンマークのセキュリティベンダーのSecuniaや、フランスのセキュリティ機関のFrSIRTらが10月中旬に発行したアドバイザリによりと、この脆弱性はiPhoneとiPod touchのversion 1.1.1以降に存在するという。両製品がTIFF画像を処理する際にバッファオーバーフローが発生する脆弱性で、任意のコードが実行可能となってしまうものだ。

 この脆弱性を悪用し、両製品でサードパーティ製ソフトウェアを動作させるツール「iJailBreak」が話題を集めていたが、アップデートにより利用できなくなる見通しだった。しかし、tuaw.comEngadgetなどが、version 1.1.2でのJailBreak(脱獄)に成功したと伝えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!