Swing向けルックアンドフィールライブラリ「Substance 4.1」リリース

原井彰弘 2007年11月13日 16時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Substanceプロジェクトは11月12日、Swing向けルックアンドフィールライブラリ「Substance」の新バージョン「Substance 4.1」をリリースした

 Substanceは、JavaのGUI開発パッケージ「Swing」向けのルックアンドフィールライブラリ。カスタマイズ可能で高品質なGUIアプリケーションの「見た目」を提供している。

 今回リリースされた新バージョンでは、前回のリリースで部分的にサポートされていた高い解像度での表示が完全にサポートされた。これによって、GUIコンポーネントを拡大表示した場合でも、なめらかな表示を行うことが可能となった。また、GNOMEデスクトップ向けに新しいフォントポリシーが導入され、デスクトップの設定に合わせた適切なフォントスタイルとサイズで表示を行うことが可能になった。そのほかにも、いくつかの新機能や新しいスキンが導入されている。

 なお、Substanceの動作にはJDK 5.0以降が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!