ESBエンジン「Apache Synapse 1.1」リリース--VFSでのファイル転送に対応

原井彰弘 2007年11月13日 17時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Synapseプロジェクトは11月12日、ESB(Enterprise Service Bus)エンジン「Apache Synapse」の新バージョン「Apache Synapse 1.1」をリリースした

 Apache Synapseは、簡単に利用することが可能な軽量のXMLおよびウェブサービス管理統合ブローカー。SOAおよびESBの基礎を形作るものだとしており、XSLTやXPathのようなXML関連規格のほか、HTTPやFTPなどの通信プロトコル、「Web Services Security」や「Web Services Reliable Messaging」などのウェブサービス関連の規格などをサポートしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにApache VSF(Virtual File System)ベースのファイル転送がサポートされたほか、スケジュール化されたタスクにも対応した。また、XQueryのサポートも追加された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!