日本HP、日立電サなどが受賞--CRMベストプラクティス賞発表

田中好伸(編集部) 2007年11月13日 19時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CRM協議会はこのほど、「2007 CRMベストプラクティス大賞」の受賞企業を発表した。授与式は11月20日に開催される予定となっている。

 同賞は、IT技術を活用して先進的なCRMを展開して成果をあげている団体・企業・官公庁・個人を公募して、優れたものを「ベストプラクティス賞」として選考している。CRM推進のモデルケース作りや人材育成として、幅広く役立てていきたいという目的で2004年から実施、今回で4回目となる。今回は、特別賞3つを含む、以下の13社・団体が選ばれている。

  • アコーディア・ゴルフ
  • イーアリーナ
  • Konica Minolta Business Solutions(China)
  • サントリーコーポレートビジネス(フジサンケイビジネスアイ賞)
  • 自由が丘フラワーズ はなどんやアソシエ(日本商工会議所賞)
  • 生活協同組合コープさっぽろ(大星賞)
  • トヨタケーラム
  • 日本ヒューレット・パッカード
  • 日立電子サービス
  • 福井県民生活協同組合
  • 松下電器産業パナソニックAVCネットワークス社
  • 丸善 教育・学術事業本部
  • 横須賀市役所

 CRM協議会は、CRM(“顧客中心経営”)のあるべき真の姿を研究・追求し、推進している民間団体。2000年4月に発足している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから