マイクロソフト、Linux関連で京セラミタとクロスライセンス契約を締結

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、福岡洋一 2007年11月14日 19時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月13日、京セラミタと特許クロスライセンス契約を結んだことを明らかにした。Microsoftは最近そうした発表を頻繁に行っているが、今回の合意でも、京セラミタはLinuxベースの製品などでMicrosoftの特許を利用できるようになる。

 Microsoftもまた、「Windows」や「Office」などの製品で京セラミタが持つ特許を使用する権利を手にする。両社とも契約の金銭的条件は明かさなかった。

 Microsoftはこの他に、Turbolinux、Linspire、Xandros、Samsung、富士ゼロックスとも同様の契約を交わしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから