Webメールを低コストで構築:ネオジャパン、Denbun POP版を発表

冨田秀継(編集部) 2007年11月14日 19時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオジャパンは11月14日、ウェブメールシステム「Denbun POP版」を発表した。一般的なメールシステムであるPOPに対応することで、既存の環境に低コストで導入することが可能となった。

 Denbun POP版では、引き続きAjaxを活用したインタフェースを採用。Webブラウザの画面上でドラッグ&ドロップによるファイル操作、右クリックでポップアップメニューを表示させるなど、直感的な操作を提供する。また、携帯電話からの利用にも対応しており、NTTドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアの端末に対応する。

 エンドユーザーの運用面では、IMAP版では1ユーザー1アカウントの制限があり、部門ごとに設けられた代表アドレスに届いたメールを閲覧する際には、個人アドレスから一度ログアウトし、代表アドレスに再度ログインしなければならなかった。今回発表されたPOP版では共有メールアドレスの設定が可能になり、複数人で1つのアドレスを共用できるようになった。

 管理者向けの機能としては、同社のグループウェア「desknet's」「desknet's Enterprise Edition」のグループとユーザーのインポートが可能。また、データベースに無償で利用できるPostgresSQLを採用することで、低コスト化、高速な検索を実現した。

 ライセンス体系は、新たに教育機関向けのアカデミック価格が用意されたほか、中小企業での利用を考慮し、標準価格、アカデミック価格の双方で10ユーザーライセンスからの購入が可能になった。価格は、標準価格で41790円(10ユーザー)〜315万円(5000ユーザー)、アカデミック価格で28140円(10ユーザー)〜262万5000円(5000ユーザー)。

 同社ではDenbun POP版リリースを記念して、11月14日から2008年3月末まで、標準価格の半額でライセンスを販売するキャンペーンを実施する。詳細は同社ウェブサイトのリリース記念キャンペーンのページを参照して頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR