MS、組み込み市場へのホンキ度をアピール--「CE 6.0 R2」の日本語、英語版を同時発表

藤本京子(編集部) 2007年11月14日 19時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは11月14日、組み込み向けOSの「Microsoft Windows Embedded CE 6.0 R2」の英語版と日本語版を同時に発表した。英語版と日本語版を同時に発表するのは「日本の組み込み市場がとても重要な位置付けであるためだ」と、MicrosoftのWindows Embeddedビジネス部門でマーケティングディレクターを務めるIlya Bukshteyn氏は述べている。

Bukshteyn氏 Microsoft Windows Embeddedビジネス部門 マーケティングディレクター Ilya Bukshteyn氏

 同社が「Widows Embedded CE 6.0」の日本語版を発表したのはちょうど1年前の2006年11月。その後わずか1年でNECディスプレイソリューションズや東芝がCE 6.0を採用した製品を発表している。マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部長の梅田成二氏は、「組み込み製品の開発には大変時間がかかるものなのに、CE 6.0発表の1年後に製品ができていることはすばらしいこと」と述べ、CEが開発期間の短縮に貢献できることをアピールした。

 CEは、さまざまなコンポーネントが用意されていることが特徴だ。ネットワーク、セキュリティ、マルチメディアなどの分野で部品が用意されており、必要なコンポーネントを組み合わせて開発ができる。「エンタープライズコンピューティングの開発の世界ですでに実現していたコンポーネントの流通が、組み込みの世界でも実現する」と、マイクロソフト モバイル&エンベデッドデバイス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャーの松岡正人氏は説明する。

 CE 6.0 R2では、「顧客からニーズの高かった分野にフォーカスして機能強化した」とBukshteyn氏。新たに強化された分野としては、Web Services on Devices APIの提供、VoIP電話機能のサポート、Internet Explorerの機能強化、Windows Media PlayerによるOCX 7のサポート、プラガブルフォントエンジンのサポート、シンクライアントテクノロジコンポーネントのサポートなどだ。

 MicrosoftのWindows Embeddedビジネス部門 ジェネラルマネージャーのKevin Dallas氏は、「わが社では、過去2年間に組み込み製品の研究開発に1億ドルを投資してきた。今年度はその30%増となる7500万ドルへと増資する」と述べ、同社の組み込み市場への取り組みが真剣であることを強調した。

 7500万ドルの投資額のうち、500万ドルはコミュニティや教育関連へ投資する。コミュニティに対する新施策として同社は同日、アマチュア開発者や教育関係者向けのパッケージを低価格で提供するための活動「SPARK」を発表している。SPARKでは、CE 6.0およびVisual Studio 2005 Standardのソフトウェア製品と、協力ハードウェアメーカーからのボードを含んだパッケージを安価で提供するほか、商用・非商用の目的を問わずに利用できるBSP認証を無償提供する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR