Webサービステストツール「soapUI 2.0 beta1」リリース--WS-Security対応

原井彰弘 2007年11月19日 09時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 eviwareは11月14日、ウェブサービスのテストツール「soapUI」の新バージョン「soapUI 2.0 beta1」をリリースした

 soapUIは、GUIアプリケーションとして提供されているオープンソースのウェブサービステストツール。SOAP(Simple Object Access Protocol)を用いたウェブサービスを提供、利用する開発者を対象としており、機能テストや負荷テストを提供している。特に、ウェブサービスのモックを容易に作成できるのが特徴だという。また、Eclipse、IntelliJ IDEA、NetBeans向けのプラグインも提供されている。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにメッセージの信頼性を保証するための仕様「WS-Security」に対応したほか、モニタ機能を用いてメッセージのトラフィックを記録し、テストケースやモックを作成に利用したり、リクエストとして発行したりすることが可能になった。また、テスト実行中のメモリ使用量をリアルタイムで監視する機能も追加された。そのほかにも、多数の機能が追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?