「Perl 5.10.0 RC1」リリース--5.8のリリース以来約5年半ぶり

原井彰弘 2007年11月20日 13時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Perlのモジュールが多数登録されているライブラリ「CPAN」で11月17日、プログラミング言語「Perl」の新バージョン「Perl 5.10.0 RC1」が公開された。

 今回リリースされたPerlの新バージョンでは、自動的に末尾に改行を挿入するprint関数「say」が新たに追加されたほか、定義されている方の値を返す2項演算子「//」や「dor」「err」も追加された。また、関数の呼び出しが終わった後も関数内部で状態を保持し続ける変数「State変数」を簡単に定義することが可能になった。そのほかにも、いくつかの新しい言語仕様が盛り込まれている。

 Perlのメジャーリリースは、Perl 5.8.0がリリースされた2002年7月以来、行われていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?