ドキュメント指向データベース「CouchDB 0.7.0」:JSONでのアクセスに対応

原井彰弘 2007年11月20日 14時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CouchDBプロジェクトは11月16日、ドキュメント指向のデータベース「CouchDB」の新バージョン「CouchDB 0.7.0」をリリースした。

 CouchDBは、ドキュメント指向の非リレーショナルデータベース管理サーバ。REST風のJSONを用いたAPIでアクセスすることができ、スキーマのないフラットなアドレス空間に格納された文書を、クエリを用いて取り出すことが可能だ。リレーショナルデータベースやオブジェクト指向データベースの代替とはならず、データベースのサイズも現在は最大2ギガバイトまでという制約もあるが、バグ追跡システムや、TODOリスト、ヘルプシステムなどを開発する際に利用できるとしている。

 今回リリースされた新バージョンでは、XMLではなくREST風APIを用いてアクセスすることが可能になったほか、管理インタフェースが組み込まれた。また、Luceneを用いた全文検索が試験的に実装された。

 なお、CouchDBはまだアルファ段階のソフトウェアであるため、仕様は今後変更される可能性があるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから