200万行のコードを修正したGecko 1.9搭載:「Firefox 3 Beta 1」リリース

冨田秀継(編集部) 2007年11月20日 18時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Foundationは11月19日、「Firefox 3 Beta 1」を公開した。次期Webブラウザ「Firefox 3」は、9月20日に「Gran Paradiso Alpha 8」がリリースされており、Beta 1は9番目のマイルストーンとなる。なお、開発者やテスター向けのリリースで、Mozillaでは一般ユーザの利用を推奨していない。

 リリースノートでまとめられている情報などによると、Firefox 3 Beta 1はレンダリングエンジンに「Gecko 1.9」を採用。Gecko 1.9は27カ月間に渡って開発され、200万行におよぶコードの改良、1万1000以上の問題を修正したバージョンだという。そのほか、セキュリティ機能やユーザビリティの強化、ブックマークや履歴に関わる機能の充実が図られている。

 「Firefox 3 Beta 1」をめぐっては、11月上旬に「Beta 1 release candidate」が公開された際、大手ソーシャルニュースサイト「Digg」で「Beta 1がリリースされた」と誤って伝えられ、ユーザの間に混乱が起こっていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!