あの食品会社の不正にも関係アリ?--“心の境界線”を越える力と“意思決定”の問題(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト) 2007年11月21日 08時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人はみな、境界線を作ります。国境、文化、宗教など、複数の人間がグループを作り、ほかのグループとの間に線を引いていくと、自然とその線はぐるりとグループを取り囲みます。国境みたいに明確なものでなくても、企業と顧客の間にも境界線があるし、企業と企業の間にも境界線がある。人と人の間にも心理的な境界線がある。

 そしてこの境界線は論理的な線じゃなくて、物理的な 「幅」 を持っています。どっちつかずのある意味非武装地帯、味方だと思っていたらある時突然相手に寝返っちゃうような人が立っていたり。私も製品マーケティング担当なんて役回りなものですから、たまにそういう目にあいますよ。製品の責任者連れてきましたから、たっぷり文句言ってやってくださいなんて。おいおい、少なくともお前はそっち側じゃないだろう、と心で思いつつも、そんなことお客様には関係ないことなのでぐっとこらえますがね。

 今回は、この境界線の守り方次第で、人の意思決定パターンって変わりますよね、というお話。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから