Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その32:エンジン1

大槻透世二(サイバーアドベンチャー) 2007年11月22日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

あたりはすっかり暗くなっていた。
このセカンドライフにもSL時間というものがあり、朝日も出れば、夕陽も沈む。
そして今はもう夜になっていた

彼女のあまり表情のないアバターの顔を見ていると時々じれったくなるが、
俺は次に出てくる言葉をじっと待っていた。それこそが、俺が今聞きたい質問だったからだ。。。

あたりには彼女のタイピングをする音と波音が響いていた。

「アメリカが撤退……そうね、あなたが何を思って支店を作りたいのかは分らないけど、別にアメリカで企業がセカンドライフから撤退しようが、日本で企業島が増えようが、そんなの私達にとってはあまり関係ないわ。SLバブルって騒がれてるみたいだけど、私たちは……」

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

前回の復習

 第20回で紹介した下図のバイクで使われるスクリプトのうち、2の「パーティクル(粒子)」について前回で解説が終わった。今回から、いよいよ3の「エンジン」部分へ突入する。

1. テクスチャアニメーション。2. パーティクル。3. エンジン。 1. テクスチャアニメーション。2. パーティクル。3. エンジン。

 このエンジンは、まさに正真正銘のエンジンと呼ぶにふさわしい。なぜなら、実際のバイクのエンジンは自動車へは使えないが、このスクリプトは少し改良すれば、飛行機にもボートにも使える。まさに「ユニバーサルエンジン」だ。

 見た目は難しいかもしれないが、このスクリプトをマスターすると、例えば、映画の「バックトゥーザフューチャー」に出てくる「ホバーボード」や、007に出てくる「水陸両用車」などが自分で作れるようになる。

 今回は、バイクのエンジンを例にとり、そのほかの乗物である、飛行機やボートなどの他の乗物のパラメータも少し見てみることにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?