.NET向けRubyコンパイラ「Ruby.NET」リリース:.NETでRubyでの開発が可能に

原井彰弘 2007年11月22日 19時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ruby.NETプロジェクトは11月20日、.NETプラットフォーム向けRubyコンパイラ「Ruby.NET 0.9」をリリースした

 Rubyは、まつもとひろゆき氏が中心となって開発を進めている国産の動的オブジェクト指向プログラミング言語。ウェブアプリケーションの開発を大幅に高速化することが可能なフレームワーク「Ruby on Rails」が登場してから、世界的にも注目を集めるようになった。

 Ruby.NETは、そのRubyのソースコードを.NETプラットフォームで動作する中間コード(MSIL)に変換するコンパイラ。Rubyを.NET上で動作させることによって、C#のような他の.NET対応言語で作成したコンポーネントとの相互運用が可能になるほか、.NETプラットフォーム向けに開発されたさまざまな開発ツールを利用することが可能になるといったメリットがある。

 なお、Ruby.NET 0.9を利用するには.NET Framework 2.0が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから