カーネルの論理CPU IDと、ローカルAPIC、物理CPUとの対応を表示するメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年11月26日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPU CPU ID: Initial APIC ID: Local APIC ID, Physical Processor ID: Physical Processor ID

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

ハイパー・スレッディングが有効なIntelプロセサで、カーネルの論理CPU IDと、ローカルAPIC、物理CPUとの対応を表示する。このメッセージはブート時出力する。

ハイパー・スレッディングが有効なIntelプロセサの論理CPUと物理CPU、及びローカルAPICとの対応を把握する際に利用する。

このフォーマットのメッセージは、物理CPUが1台の場合にのみ出力される。複数台の物理CPUを搭載している場合は、以下の例のようにこれらの情報は複数行に分割される。
CPU0: Physical Processor ID: 0
CPU0: Processor Core ID: 0
CPU0: Initial APIC ID: 0

このメッセージは現時点ではIntelプロセサでのみ出力される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?