GWTでJavaScriptを書かないAjax開発--第7回:英単語テストアプリの作成 前編

沖林正紀 2007年11月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでは、GWTアプリケーションの画面表示に関することを中心に紹介してきたが、今回と次回は、サーバと通信してAjaxアプリケーションを構築する方法を紹介しよう。

 今回は、JSON形式のテキストデータをサーバから受信してみたい。Ajaxという名前は、当初はWebブラウザ上でXMLデータを送受信することを指していたのだが、最近は、はじめからJSON形式でデータをやり取りするAPIを公開する動きも見られ、JSONはXMLと並んでAjaxで利用されるデータ形式としての認識が広まっている。

Ajaxを実現するAPI

 テキストデータをサーバから受信する際に重要な役割を果たすのが、HTTPRequestクラスとResponseTextHandlerインタフェースだ。

 HTTPRequestは、Webブラウザからサーバに対してHTTPプロトコルによるリクエストを送信するもので、GET/POSTそれぞれのメソッドに対応したasyncGet/asyncPostというメソッドを持つ。引数でユーザー名とパスワードを指定すれば、認証が必要なサーバとのやり取りも可能だ。

 ResponseTextHandlerは、HTTPRequestによるサーバへのリクエストの後、レスポンスとして受信したデータを処理するonCompletionメソッドを持つ。開発者は、引数として渡されたレスポンスデータを形式にしたがって解析し、必要なデータを抽出する処理をこのメソッドに記述する。

 なお、これらのAPIを用いるには、モジュール定義(*.gwt.xmlファイル)の<module>~</module>内に以下の定義を追加しておかなくてはならないので注意していただきたい。



 では、英単語テストアプリケーションを例に、アプリケーション内で利用する方法を紹介しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!