boot時認識したCPUのL1キャッシュの容量を表示するメッセージ

OSSメッセージペディア 2007年11月27日 15時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CPU: L1 I Cache: I-cache sizeK (I-cache cache-line size bytes/line), D cache D-cache sizeK (D-cache cache-line size bytes/line)

対処

通知情報のため、対処の必要はなし。

説明

boot時認識したCPUのL1キャッシュの容量を表示する。このメッセージによってCPUに搭載された命令キャッシュとデータキャッシュの容量、それぞれのキャッシュラインサイズを確認できる。

キャッシュラインサイズとは、当該キャッシュへ格納するデータの単位を示し、該当CPUのモデル毎に決まっている。

このメッセージはAMD,VIA(C3),Transmeta社製のIntel x86互換CPUの特定のファミリー、リリーズを使用した際に出力する。Intel CPUの場合、このメッセージの代わりに以下のメッセージを出力する。

CPU: Trace cache: Trace-cache sizeK uops, L1 D cache: D-cache sizeK
または
CPU: L1 I cache: I-cache sizeK, L1 D cache: D-cache sizeK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから