オラクルの思い描く「Fusion」な世界は当分やってこない(ZDNet Japanブログより)

Joe McKendrick 2007年11月27日 16時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェアに一夜の奇跡は起こせない。たとえそれが、世界最大のソフトウェア企業の製品であっても。

 コンサルタントであるJudith Hurwitz氏は自身のブログに、「オラクル症候群」は「ビッグバンSOA」と同じ性質のものだと書いた。「Oracleの本分は、イノベーションにはない。思い通りになるインストールベースを活用し、あるパッケージからほかのアプリケーションへデータを送出できるように、パッケージアプリケーションとビジネスプロセスコネクタを継ぎ合わせていくことが、同社の仕事なのだ」(Hurwitz氏)

 ベンダーの願いとは裏腹に、ソフトウェアの中には人気が衰えないものもあれば、ユーザーが何年も移行を考えない有名パッケージもある。したがって、Oracleの「Fusion」ミドルウェアがあらゆるソフトウェアをまとめ上げ、統合的な環境を――ひいてはSOAを――実現する日はすぐにはやって来ないと、Hurwitz氏は言う。

全文はこちら--「ZDNet.com SOAブログ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR