KDDI、ラックと業務資本提携--法人向けセキュリティ事業の強化を目指す

冨田秀継(編集部) 2007年11月27日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラックは11月27日、KDDIとセキュリティソリューションで業務提携することを発表した。KDDIはラックの親会社ラックホールディングスの株式を取得し、資本提携を結ぶことも、あわせて発表している。両社は今後、共同商品の企画・開発、運用・保守体制の連携などを進めていく予定で、同日より共同で営業、マーケティング活動を開始する。

 今回の業務提携により、KDDIは法人向けソリューション事業を拡充したい考え。まずはじめに、KDDIの広域イーサネットサービス「KDDI Powered Ethernet」などのネットワークサービスに、ラックが運営するセキュリティ監視センター「JSOC」の監視サービスを組み込み、高い運用レベルのイントラネットセキュリティの実現を目指す。

 資本提携実行日の11月28日には、KDDIが約4億5600万円でラックホールディングスの株式141万4200株を取得する。株式取得後の出資率は5.0001%となる。

 ラックは10月1日付けでエー・アンド・アイシステムと経営統合し、共同株式移転による両社の完全親会社「ラックホールディングス」を設立、持株会社制に移行している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!