2006年国内サーバー市場は前年比14.7%増の431億円--IDC Japan

奥山順子 2007年11月29日 19時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは11月29日、2006年の国内サーバー統合市場動向を発表した。

 発表によると、2006年にサーバー統合を目的に購入されたサーバーの出荷金額は、前年比14.7%増で国内サーバー市場の6.4%にあたる431億円に達した。

 サーバー統合の目的としては、「運用/管理の効率化」や「サーバーリソースの有効活用」、「ハードウェアコストの削減」、「保守コストの削減」などが多く挙げられている。

 サーバーの統合先となるサーバーを製品別にみると、「x86サーバー(43.2%)」が前年比16.8%増で最も高かった。プロセッサーの高性能化や通信の高速化など技術の進歩で、サーバー統合の意向を持ったユーザーが実施しやすい環境が整ったことが要因として考えられる。

 また、フォームファクター別でみると「ブレードサーバー」の成長率が前年比45.7%増で最も高く、サーバーの運用・管理やリソース配分の容易さを求めるユーザーに急速に広まっている。

 同社では、国内サーバー統合市場は2008年に493億円でピークになると予測している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?